さくらクリニック|東京都|江戸川区| - 内科・消化器科・呼吸器内科 -

ホームページの先頭に戻る
サイトマップ
さくらクリニック|江戸川区|内科・消化器科
さくらクリニック|外来診療|在宅診療|健康診断|江戸川区
 
外来診療のご案内
在宅診療のご案内
健康診断のご案内
各種検査のご案内
交通案内のご案内
お問い合わせのご案内

さくらクリニックの連絡先


〒133-0044
東京都江戸川区本一色2-12-6
地図はこちらへ


TEL 03 - 3656 - 6235
FAX 03 - 3656 - 6258

各種検査のご案内

掲載:2016.06.03

隠れ脱水にご注意ください。

院長の川村です。
6月になり1年の折り返しとなりました。 暖かくなり過ごしやすい時期になってきたと思うのも束の間、徐々に湿度が高くなり 暑さをより実感することが増えてきました。

本格的な脱水症になる一歩前に

日頃、特にご高齢の方には脱水にならないようにと、診療の際には水分をとるようにお話をしておりましたが、本格的な脱水症になる一歩前の隠れ脱水にご注意ください。

隠れ脱水の予防のために

日頃からご高齢の方でも食事とは別に1日に1500ml程の水分が必要といわれています。(*心疾患や腎臓疾患のある方は必要水分量が異なります。気になる方は外来でお尋ねください。)
しかし口渇を感知する機能は年齢とともに低下してしまうため、時間ごとに水分をとると決めたり1日の水分量がわかるような工夫(ペットボトルで何本摂取したか)を行うことも隠れ脱水の予防になります。

こんな場合にはご注意を!

・ 口の中が乾燥し唾液が少ない時
・ 発汗が減り、あまりトイレに行かない時
・ 夏になり便秘が増えた時
・ 何となく元気がない、食欲がないとき
・ 皮膚をつまんでもなかなか戻らない時

これらが当てはまる時は隠れ脱水の可能性があるのでご注意してください。
他にも隠れ脱水を疑うものはまだあります。
また血液検査でも脱水の程度をみることもできますので気になる方は診療の際にお尋ねください。

掲載:2016.06.03


 
このページの先頭へ戻る
さくらクリニック

Copyright (c) SAKURA CLINIC All Rights Reserved.